前へ
次へ

腰痛を防ぐ方法と物との距離

重たい物を運ぶ機会が多いと、腰痛になってしまう事もあります。箱に入っている重量物を持ち上げる時に、腰に激痛が走る事も実際あるので、注意が必要です。ただ、それも普段からの心がけ次第です。物との距離を意識するだけでも、発症率を低くすることは可能なので、正しい物の持ち方を理解しておくのが望ましいです。基本的には、物と自分との距離は近いに越したことはありません。例えば自分の体から少し離れた所にある物は、無理に手を伸ばさないほうが望ましいです。離れた所にある物を取ると、腰を痛めてしまうことが多々あるからです。それよりも物と自分との距離をできるだけ近づけるのが望ましいです。身体とほぼ密着しているぐらいの距離なら、たとえ物を持ち上げたとしても、腰に激痛が生じる確率も低くなるからです。 普段から体に物を近づける事を強く意識していれば、腰痛が発生する確率もかなり低くなります。 基本的には、無理な姿勢で物を持ち上げないよう心がけていれば、痛みが生じるのを防ぐ事ができます。

Page Top