前へ
次へ

加齢による腰痛を改善するには

腰痛を病名だと勘違いされている人もいますが、実は症状のことで病名ではないって知っていましたか。30、40代の約70%の人が腰痛と言われており、年を重ねることに症状が出る人が増えています。若い頃には症状がなくても加齢によって筋肉量が減り、骨も弱くなるため腰に負担がかかってしまうため腰痛になってしまいます。加齢による症状を防ぐためには、有酸素運動やウォーキングなどの運動をするといいでしょう。運動をすることによって腰やお腹の筋肉の量を増やし、背骨を支えることができるので症状を改善する事ができます。運動する際には痛みの無い時に無理せずに行い、治療中の人は医師に相談してから行って下さい。また普段の姿勢にも気をつけることも大切で、正しい姿勢で座り、重たい荷物をなるべく持たないように気をつけましょう。姿勢が悪いと腰に大きな負担がかかり、その負担によって、腰の筋肉が緊張し腰痛になってしまいます。改善するには適度な運動と正しい姿勢でいる事から始めてみるといいでしょう。

Page Top